大人女子のためのWebメディア
検索
2022年12月29日更新

彼とディナーでメイクもばっちり♡→「スープに虫が」!?“見間違い”で大騒動に発展…!

好きな人との特別なイベントや大切な日は、いつもよりメイクも気合が入りますよね。

しかし、気合が入りすぎると、空回りして失敗してしまうケースも多いもの。

今回は、特別な日のメイク失敗エピソードを2つご紹介します。

   

好きな人のために無理して大失敗

まだ付き合う前の、意中の人を含めてのグループデート。

今まで周りにいなかったタイプの男性で、彼の好みは派手なギャルタイプの女性とのこと。

普段職場では地味な私でしたが「プライベートは派手なんです」みたいな顔をして、なるべく濃いメイクで頑張ってみました。

ロングヘアが好きだというから、エクステまでつけて、とにかく好みの女性を演出してみたのです。

しかしグループデート当日、慣れないメイクはすぐに崩れてパンダ顔になり、エクステも急いでつけた簡易的なものだったので、ずり落ちてきて斜めになってしまう始末。

せっかく意中の人と出かけることができたのに、思い出の写真は散々でした。

結局その人とは結ばれることなく、その後の恋愛は「無理せず自然体で!」をモットーにしています。

(女性/職業)

努力は素晴らしいこと

好きな人の好みの女性になりたい!そう思って努力するのは決して悪いことではありません。

ただし、今回のエピソードのように無理しすぎると失敗することもあるので、自分ができる範囲のことを頑張りたいですね。

初めてのつけまつげ

当時の彼氏がクリスマスにディナーを予約してくれました。

クリスマスということもあり、テンションが上がっている私は当然メイクも気合充分です。

その日は初めてつけまつげをつけたのですが、片方のつけまつげが取れて、スープに落ちていたのを彼が発見。

すると勘違いした彼が「スープに虫が!」と大騒ぎし、店員さんを呼んでしまったのです。

彼は私の顔を見て自分の勘違いに気づき、2人で店員さんに平謝り。

その後は微妙な雰囲気で、味も分からず食事を終えました。

(女性/パート)

よりによってなぜスープに

つけまつげ、落ちていると虫と勘違いされて驚かれるのは「あるある」ですよね。

スープに浮いているつけまつげを想像すると、その後の気まずさがイメージできます。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター