大人女子のためのWebメディア
検索
2023年01月03日更新

【大失敗】彼女の“服装”を見て呆れる彼氏…足湯デートに“ふさわしくない服”で行ってしまい…!?→謎行動を自分に問いただしたい…

洋服を選ぶときには、デザインの好みだけでなく、どこに着て行くかよく考えることも大切なことです。

大切な場面で思わぬハプニングが起こると、着てきた洋服選びを後悔することも多いはず。

そこで今回は、洋服選びで失敗したエピソードを2つご紹介します。

   

アトラクションのことまで考えていなかった!

何年か前に遊園地に行ったとき、夏だったので真っ白なトップスを着て行きました。

それだけなら問題なかったのですが、水しぶきの上がるアトラクションに乗って大失敗!

案の定ずぶ濡れになり、白い服だったので下着が透け透けになってしまったんです。

服が乾くまで時間がかかったので、本当に大変でした。

白い服なんて選ばなければよかった!

(女性/無職)

白い服は危険がいっぱい!?

爽やかで清潔感もある白いトップスは、夏場は涼し気な雰囲気も魅力ですよね。

しかし、エピソードのように水に濡れたときも困りますが、シミや汚れが目立つなど意外と油断できないカラーでもあります。

白いトップスを選ぶときは、行く場所によっては着替えを用意しておくと安心かもしれませんよ。

足湯なのに足湯ができない悲劇

足湯目的で行ったデートに、きついスキニージーンズで行った私。

足湯なのにズボンの裾をどうしてもまくれず、足の甲をお湯につけるので限界状態。

彼には「なんでそんな格好で来たの?」と言われるし、本当に大失敗なファッションでした。

足湯だとわかっていたのに、なぜスキニーを選んだのか…当時の自分に問いたいです。

(女性/無職)

よりによって足湯

きついスキニーだと裾をまくるのも一苦労ですし、だからといって脱ぐこともできない…。

彼の言うように、なんでそんな恰好をチョイスしたのかと言われてしまうのも仕方ないかもしれません。

いっそ足湯ではなく温泉を探して入った方が、デートを楽しめたかも!?

美脚効果も高く魅力的なスキニーですが、履いていく場所には気をつけましょう。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター