大人女子のためのWebメディア
検索
2022年12月29日更新

彼は元カノに恨まれまくり!?ある日、女性2人組が私に話しかけてきて…“ありえない行動”に唖然!

肉食系の女友だち、別れてもしつこく絡んでくる元カノ…。

そんな彼の周りの女性に悩まされたことはありませんか?

今回はそんな女性にイラっとしてしまった女性の体験談をご紹介します!

鈍感な彼を狙う肉食系の女友だち

元彼はモテるタイプでしたが、鈍感で女の子の好意に気が付かない人でした。

ある時期、そんな彼の隙につけいろうとする肉食系の女友だちが登場。

彼は寮に住んでいたのですが、その女友だちは彼の部屋に来てミニスカートでベッドに寝転んだりしていたそうです。

夏休みになって地域の花火大会に出かけた時、やけに睨んでくる女の子がいるなと思ったら何とその女友だちでした。

鈍感な彼はその視線に気付いていませんでしたが、鬱陶しいので挨拶をした後は2人きりでデートを満喫。

それを見た女友だちはようやく自分が全く相手にされていないことに気付いたようでした。

(女性/主婦)

一途で鈍感な彼氏は最強かも!

彼女がいても積極的に彼を狙ってくる肉食系女子も多いよう。

しかし一途で鈍感な彼氏には色仕掛けなども通用しなかったみたいですね。

彼を狙ってくる女性には、ラブラブな様子を見せつけるのはかなり効果的かもしれません!

女性関係にルーズだった彼

主人と知り合った頃の話です。

当時の彼は女性関係にルーズで、恨んでいる元カノがたくさん。

私はそこまで彼に本気では無かったので、過去の女性関係のことを聞いてもあまり心配もしていませんでした。

しかしある日、彼が友人と話すために少し離れている間に知らない女性が2人で私に話しかけてきたのです。

挨拶も無しに私の個人情報を聞いてきて、随分失礼な人たちだなと思ったので無視していました。

後で聞くと、その女性は10年以上前に別れた彼の元カノだったそうです。

(女性/専業主婦)

女性関係にだらしない彼はダメ!

若い頃は確かに遊びたい時期かも。

しかし女性関係にだらしないのはダメですよね。

お付き合いするなら最初に過去の女性関係はキレイに清算してもらってからにした方が安心かもしれません。

自分が相手にされていないことを理解せずに執拗にアピールしてくる女性はどこにでもいるようです。

彼の周りにいる厄介な女性たちには、2人が信頼し合っている様子を見せつけるのもナイスな対処法かもしれませんね!

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター