大人女子のためのWebメディア
検索
2023年01月10日更新

なぜか“振られる”友人…彼に“見返り”を求めすぎて説教!?→“尽くした分の見返り”に満足できないとつい物申してしまう…

大切な友だちだからこそ幸せになってもらいたい!

そんな気持ちを抱いている人は多いでしょう。

しかし、なかなか恋愛がうまくいかない友人を見ていると、正直心配になってしまいますよね。

今回は、恋愛できない友人のエピソードを2つご紹介します。

   

奥手すぎる友人

友人は、恋愛に興味もあるし結婚願望も強いのですが、かなりの奥手なんです。

出会いの場に行っても連絡先の交換止まりで、なかなかお付き合いまで発展しません。

過去に連絡先を交換した相手から飲みに誘われて行ったことがあったのですが、楽しく飲んだ帰りに男性から道端でハグされ「そんなつもりじゃなかった」と泣きながら私に連絡してきました。

もっと自分に自信を持てばいいのに、もったいないなと思ってしまいます。

(女性/主婦)

好きな人ができたら変わるかも

彼女がいまいち積極的になれず奥手なままなのは、単純に相手の男性に好意がないからかもしれません。

本当に好きな人ができたら、彼女の行動も変わって自分から積極的になれるときがいつかくるはずです。

見返りを求めて説教

しっかり者で世話好きな友人は、付き合った相手のお世話を甲斐甲斐しくするタイプです。

恋人に尽くすだけでなく、相手にも包容力や見返りも求めるごく真っ当な考えの女性なのに、なぜかいつも振られていました。

振られる原因は、自分が先に尽くしたあとに見返りを求めると、その見返りに満足できず相手を説教をしてしまうことにあるようです。

見返りを求めたくなる気持ちもわかるし、見返りなしで自分だけ尽くしすぎるのもよくないと思うのですが、説教までするのはやり方として下手なのかもと感じました。

(女性/専業主婦)

本当は尽くされたいタイプなのかも

尽くすタイプの女性は、自分が尽くされたいから尽くしているケースがあるようです。

彼女の場合も本当は尽くされたいタイプで、自分がお手本となって尽くしているだけなのかもしれませんね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター