大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • コラム > 恋愛
  • 溺愛度、高すぎ…男性が”好きな女性”に嫉妬する瞬間3選
2023年01月06日更新

溺愛度、高すぎ…男性が”好きな女性”に嫉妬する瞬間3選


嫉妬している自分に気づいたとき、男性は女性への気持ちの大きさに気づくことがあるのだとか。
男性をあえて嫉妬させる駆け引きができれば、恋愛を進展させられるかもしれません。
そこで今回は、男性が好きな女性に嫉妬する瞬間を3つご紹介します。

デートの誘いを断られてしまった瞬間

好きな女性からデートの誘いを断られた瞬間、嫉妬してしまう男性もいるようです。
否応ない理由だったとしても「自分より優先することがある」と思ってしまい、嫉妬してしまうのだとか。
スムーズにいかないからこそ、男性はもどかしさを感じて自分の気持ちと向き合う場合も。
「次こそはデートする!」と男性のハートに火をつけるのかもしれませんね。

他の男性と一緒にいるのを見た瞬間

自分以外の男性と好きな女性が一緒にいるのを見た瞬間も、男性は嫉妬してしまいがちなのだとか。
好きな女性が楽しそうにしていると、なおさら嫉妬心がメラメラと燃えてしまうようです。
また、仕事などで必要に迫られて接しているとわかっていたとしても、平静ではいられないことも。
頭では「仕方ない」と理解できますが、気持ちがついていかないのではないでしょうか。

元彼の話題が出た瞬間

好きな女性から元彼の話題が出ると、つい嫉妬してしまう男性もいるようです。
「完全に終わっている」とわかっていても、交際していた2人がリアルに思い浮かんでしまい、嫉妬してしまうことがあります。
たとえ元彼の悪口だったとしても、話題に出ること自体が面白くないのだとか。
自分以外の男性との記憶は、好きな女性から消え去ってほしいと思っているのかもしれません。

 

嫉妬心は男性の恋愛感情に火をつけるきっかけになるようです。
しかし、男性によっては嫉妬が辛くて諦めてしまうタイプもいるのだとか。
好きな男性との駆け引きは、嫉妬と安心のバランスが肝心かもしれませんね。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

  • Grapps
  • コラム > 恋愛
  • 溺愛度、高すぎ…男性が”好きな女性”に嫉妬する瞬間3選