大人女子のためのWebメディア
検索
2023年01月23日更新

「1週間だけ付き合ってくれ」彼からのお願いを承諾した結果…ネチネチ言われ束縛もされ、早くも限界を迎えた!

彼氏の嫌な部分を見て、どうしても無理!と思ってしまうこともあるでしょう。
生理的に無理なことや、価値観や考え方の違いは、どうしても受け入れられませんよね。
そこで今回は、どうしても無理だった彼氏のエピソードをご紹介します。

生理的に無理!

元カレの常識がなかった話です。
シャワーを浴びたのに、彼の頭が臭く、口臭が気になりました。
なんでだろうと思ったら、彼には歯を磨く習慣がなく、シャンプーを使うのもたまにとのこと。
生理的に無理だったので、すぐに別れました。
(女性/主婦)

本人はよくても周りは気になる!

臭いに関しては、本人は意外と気づかないケースも多いです。
はっきり彼に臭うことを指摘した方が、改善の余地があったかも!?

束縛がひどくて無理!

大学時代に何度も告白され、当時まだ元彼と別れたばかりで他の人と恋愛するつもりはなかったので、告白されるたびに断っていた人がいました。
悪い人ではなさそうでしたが、その人のことをあまり知らず、ただ学科が同じだけだったので恋愛感情もなかったのです。
相手にも元彼と別れたばかりで今は恋愛するつもりはないことや、あなたに恋愛感情がないということも伝えました。
しかし「絶対好きにさせる!1週間だけ付き合ってみてくれ」と言われ、根負けしてお付き合いすることに。
ですが、付き合ってみるとかなり束縛するタイプで、友人とごはんを食べるのにも通学するのにも嫉妬し「俺とは??してくれないのに」とネチネチ言ってくるのです。
友人とは帰り道が一緒で入学当初から一緒に通学していたし、彼とは家の方角もまったく違いました。
最終的に彼からの脅迫じみた行為が増え、怖くなって別れることに。
(女性/会社員)

好きすぎて嫉妬心が強かったのかも

何度も告白するほど彼女を好きだっただけに、彼も嫉妬のブレーキが効かなかったのでしょう。
束縛もエスカレートすると恐ろしいので、早めに別れて正解だったかもしれません。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター