大人女子のためのWebメディア
検索
2023年01月19日更新

「カビくさい…」義両親は新居に引っ越したはずなのに、家が汚すぎる。全く心が休まらないので訪問をやめます!

みなさんは、義両親や親戚の皆さんとどのようにお付き合いをされていますか?

義実家の方々との関係に、色々と気を遣っている方は多いのではないでしょうか。

「本当はうまく付き合いたいけど、どうしても合わない…!」と悩んでいる方も、きっといらっしゃいますよね。

今回はみなさんから寄せられた「義実家でのエピソード」をご紹介します。

   

汚部屋の義実家

義両親の引っ越し先へ、初めて訪問したときの話です。
義両親はとにかく片付けが苦手な人でした。
引っ越し前の家はひどい汚部屋で、アトピーのある我が子は正直近づけたくないほどだったのです……。
でもさすがに引っ越ししたばかりの家はひどい状態になっていないだろうと判断し、新年の挨拶と新居のお披露目を兼ねて義実家に遊びに行きました。

新居のはずが…

しかし、新居と呼ぶにはあまりにもひどい状態でした。
古い集合住宅のカビ臭さと、荷物で占領されている2階……。
居間は私たち家族が揃って座れるスペースがないほど、すでに物であふれ返っていました。
家に着いてすぐに義母から「子どもたちと息子(旦那)にこれ持って行ってあげて!」と言われ、出来合いのオードブルを居間に運ぶことになったのです。
「嫁ちゃんも食べたかったら余りを食べてね!」と言われましたが、食べる余裕などなく、給仕に明け暮れました。
それ以来義両親宅には一切行っていません。
(女性/会社員)

片付けられない義両親

足の踏み場がないほど部屋が汚れている場合、なかなか子どもを連れて訪問するのは難しいですよね。
片付けが苦手な義両親の場合は、新居へ移っても部屋が汚いままということもあるようです。
義実家への訪問は控えた方がいいかもしれませんね。

適度な距離を保ちたい…!

いかがでしたか?
義実家とのトラブルで疲れてしまうという方も多いはず。
今まで他人だったのにも関わらず、家族として付き合っていくのは大変ですよね。
適度な距離感を保ちながら、上手に付き合えるといいですね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化して

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター