大人女子のためのWebメディア
検索
2023年01月23日更新

娘を“赤ちゃん言葉”で煽るママ友→先生に相談すると…自業自得な結末に超スッキリした!!

ママ友付き合いはとても神経を使いますよね。
嫌味を言うママ友や陰湿なママ友も多く、ストレスも溜まるでしょう。
そこで今回は「ママ友との間で起こったエピソード」をご紹介します!

ママ友を成敗

私には10歳と6歳の娘がいるのですが、同じ歳で同じ性別の子を持つママ友がいます。
私よりも歳上の方ですが、子どもたちが同じ歳ということもあり、はじめは仲良くしていました。
しかし深く関わっていくごとに、だんだんとその彼女のだらしない所や、非常識な言動が気になるようになり始めました。
やがてその頻度が多くなり、そのママ友に対して不信感や嫌悪感を強く感じるようになっていく私。
私の下の娘のことを「この子は赤ちゃん」と言われるようになり、ばかにしているように話しかける毎日。
もう我慢の限界で、年少、年中は同じクラスだったのですが、先生に事情を話し、年長は違うクラスにしてもらいました。
それからは何事もなく、ストレスを感じず平和に生活していたのですが……。
年長になった始業式に知ったことなのですが、私以外にもクラスを離してほしいとお願いしたママ友が数人いたようです。
その結果、そのママ友と仲良くしていた方たちは、すべてクラスが離れていたのでした。
自業自得ですし、話された後も嫌味を言ってきて本当に嫌でした。
本人は「私、先生に嫌われてるのかな」と言っていましたが、知らんぷりしてやりました。
今ではストレスなく、楽しいママ友生活を送れています。
(女性/主婦)

嫌味を言うママ友に仕返し成功!

いくらなんでも、他人の子どもをばかにするのは許せないですね。
クラスを離されたようですが、これは文句の言いようがないです。
※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター