大人女子のためのWebメディア
検索
2023年01月20日更新

虫嫌いの嫁に“イナゴ”を無理やり食べさせる義家族!?食べきれない量の食事に深夜まで続くゴシップ話、お正月なのに全く休めない…!

みなさんは、義両親や親戚の皆さんとどのようにお付き合いをされていますか?
義実家の方々との関係に、色々と気を遣っている方は多いのではないでしょうか。
「本当はうまく付き合いたいけど、どうしても合わない…!」と悩んでいる方も、きっといらっしゃいますよね。
今回はみなさんから寄せられた「義実家でのエピソード」の中から、年末年始に義実家へ長期帰省した話をご紹介します。

小食なのに「食べなさい」と無理強いされ…

今までのお正月は3~4日程でしたが、今回は約1週間という長期間、義実家で過ごすことになりました。
義実家は男兄弟が多かったり、体育会系の家庭だったりするため、ご飯がかなり山盛りに出てきます。
有難いことなのかも知れませんが、私は体調が悪い状態で無理に付き合っていたので、何とか主人に食べられない量を渡したりしていたのですが、「それくらい食べられるでしょう」「食べなさい」と半ば無理強いが始まりました。
しまいにはイナゴのつまみが途中で大量に出てきて「美味しいから1個くらい食べな」と虫嫌いの私に勧めて、泣くように食べることになりました。

毎晩遅くまで続くうわさ話にうんざり

また、主人と義母はあまり寝たくない人だからと、12時過ぎまで起きて会話に付き合うのが辛かったです。
また「~の誰かさん家はね」など、常によそのうちの情報を把握していたい人で、「~さん家は今~に出かけて」など、近所の家の事をひたすら話し続けていました。
悪い情報ばかりを聞くのはとても辛かったです。
(女性/保育士)

これは辛い…!

食事を出してくれるのはありがたくても、虫が苦手なのにもかかわらず強制して「食べなさい」と言われるのは本当にストレスですよね。
1週間寝不足食べ過ぎ生活、さぞ大変だったでしょう…。

適度な距離を保ちたい…!

いかがでしたか?
義実家とのトラブルは疲れてしまうという方も多いはず。
適度な距離感を保ちながら、上手に付き合えるといいですね。
※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター