大人女子のためのWebメディア
検索
2023年01月25日更新

“着払い”で9000円も!?義父「邪魔だから持って帰れ」義実家用に布団を買ったのに強制返還…気難しい義父に困ってます

みなさんは、義両親や親戚の人たちとどのようにお付き合いをされていますか?

義実家の方々との関係に、色々と気を遣っている方は多いのではないでしょうか。

「本当はうまく付き合いたいけど、どうしても合わない…!」と悩んでいる方も、きっといらっしゃいますよね。

今回はみなさんから寄せられた「義実家でのエピソード」をご紹介します。

気難しい義父

昨年末の話です。
年末年始の休暇を利用して、妻の実家に帰省しました。
帰省は3年ぶり。子どもたちも楽しみにしていました。
実は、妻の母親はすでに他界しており、実家には父親だけでした。
この義父が結構気難しい人だったので、それが一因で帰省が遠のいていたのです…。

せっかく家族分の布団を買ったのに

実家は大きな家でしたが、義父が1人で暮らしていたので、家族分の布団がありませんでした。
今後も泊まることを考えて、私たち家族は結構高価な布団を購入して実家へ向かったのです。
滞在中は家族全員で観光するなど、比較的穏やかに過ごせました。
最終日に帰る支度をしていたら、義父が来て「買ってきた布団、邪魔だから持って帰れ」と。
大きな家なので布団を置くスペースはいくらでもあるだろうと思いながらも、指示に従いました。
布団を着払いで家に送ったところ、9000円の送料。
もう義父の家へ行くつもりはありません。
(男性/会社員)

家に余分なものを置きたくないのかも

大きな家なので布団を置いてくれても問題ないのではないかと思うのですが、義父は家に自分のもの以外置きたくない人だったのかもしれませんね。
今後、義父と会うときは旅館など、実家以外で会うのがよさそうです。

適度な距離を保ちたい…!

いかがでしたか?
義実家とのトラブルで疲れてしまうという方も多いはず。
今まで他人だったのにも関わらず、家族として付き合っていくのは大変ですよね。
適度な距離感を保ちながら、上手に付き合えるといいですね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター